フェルトのうたかた日記

浮かんでは消えて行く泡のような想いを 書き留めていこうという気まぐれから始めました。 目標は毎日更新です。どうぞよしなに...

  フェルトのうたかた日記のナビゲーター   トップページ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡々と

2015 - 09/27 [Sun] - 14:43

今日は気持ちの整理をすべく、お世話になっているある場所へ足を運んだ。

2年後の独立を目指して一念発起の転職。
5カ月たっても成果がでずに、いら立って、自己中心的なふるまいをしてきてしまったこの半年。
人間関係、金銭面での逼迫、いつも不安で、人に、環境に振り回されて自分らしさが全然なかったこの半年。

いつも仲良くさせてもらっている職員さんに声をかけてもらった。
本当にうれしかった。家族と離れて暮らしている自分にとって本当に心があったかくなる一言をかけてもらった。
こんな大人になりたいと心底思う。
「毎週日曜日12時にイベントやっているんだからフェルトちゃんは絶対きなね!待ってるよー」
どんな時でも心穏やかに淡々と、大きな器をもって人の話を聞いてくれる。


話は変わって、別の人からはこんな話を聞いた。

一枚のちいさなせんべい。

ある大きな病気を抱えていた患者さんが、お医者様のところにお礼を述べにきたそうだ。
その患者さんは病気をしていたために食べられなかった、お気に入りのおせんべいを何枚か、そのお医者さんに渡した。
お医者さんのいる病院にはたくさんの人が働いていて、そのうちの一人が「僕」だった。まだ年若く、やんちゃな年ごろだった。
お医者さんはその患者さんから受け取ったおせんべいをみんなにお裾分けしようした。でもおせんべいはそんなにたくさんはなく、お医者さんは小さく、小さく、そのせんべいを分けて「僕」にくれた。そのおせんべいがどこから来たものなのか知らない僕は「なんだよ、けちもうちょっとくれよ」と思ったそうだ。
しかし、お医者さんから後でその患者さんの話を聞き、気づいたのだ。「感謝の気持ちの入ったおせんべいなのだ」と、指先ぐらいのカケラほどのおせんべいがおなかの中で膨れるのを感じだ。
量でお腹がいっぱいになるのではない。その気持ちをもらえたことに胸がいっぱいになる。


わかるかな?
私は最初意味が全然わからなかった。そんなんでお腹がふくれることないじゃんと。
でもね、実際にお礼を受けたらわかるんだ。自分が何気なくしたことが相手にとってはとても大きなことだったこと。
人に尽くすことは人として世に生を受けたもののの目的なんだと、学んだ一日だった。

これが真理。松下幸之助、稲森和夫、
気づけばこの人たちもこの真理のもと、仕事に励んだ偉人なのではないか。
偉人になりたいわけではないけど、こんなちっぽけで、至らない自分ができることが少しでもあるのならそれを世に還元していきたい。

そんな会社を作りたい。経営をしたい。人を育てたい。
幼児教育、障がい児フォロー、介護。世間が必要としているものはなんだ。
そこに対して今自分ができることはなにか。考えよう。

いつもチャンスを、きっかけをくださってありがとうございます。
明日も世のため、人のためがんばります。

スポンサーサイト

金山駅前にて

2015 - 09/13 [Sun] - 17:59

|д゚)はっ

なんかすごく

人が多い。

と、思ったら愛知県名古屋市の中心部の一つ
「金山駅」にいたからなのであった|д゚)

ダイエーの1階に電源付きの休憩所があることを知った昨今です。
めっちゃ使えるけど、少しパソコンを開くのが恥ずかしい

猫に恋した少年は

2015 - 07/23 [Thu] - 02:19


僕はあることがきっかけでデビッド・ミラーの絵が好きになった。
それは、小学校の時に夢中になったパズルに描かれた海の絵だ。
月明かりに照らされた、深い深い紺碧の海。上半分は満月と滝が静かに海へとつながる無人島と、下半分、海底にしずむ古びた神殿へと優雅に向かうイルカの群れ。ノスタルジックな絵で「ATLANTIS REVISITED」という作品だということを知ったのはつい最近のこと。当時ブームだった、100円で何でも買えるあの店が近くにできたことを聞きつけ、ミーハーよろしく店内で物色した中で、偶然見つけた奇跡だった。奇跡というと大仰かもしれないが、ひどく引き込まれたことは今でもくっきり鮮明に覚えている。

夢中でそのパズルに取り組んだ。一度集中すると寝食も気にならなくなる質で、当時は親を困らせた。
気性も激しく、人見知りもする、厄介な性質のせいで当然ながら、心許せる友人や気の置けない仲間などとは無縁の、むしろ一人を歓迎するようなそんな、子供らしからぬ子供だったことも、自覚はあった。早熟だったともいえるかもしれない。少し変わった子供であることは、子供ながらに自覚はしていた。だから一人を選んだのか、今となっては知り得ないことだった。

そこから次の出会いを求めて、いろんな絵の作者、作品を図書館で調べては、ビビっときたいい子に会うドキドキ感にも似た気持ちで足繁く美術館へ通うという日が何日も続いた。今思えば、それあの子に出会うための軌跡だったとしか、考えられない。

そんな奇妙な子供だった僕なのだが、一応当時はそれなりにスポーツもして、勉強もそこそこできていた。親としては中学受験も視野に入れての教育をと願い、塾にも通わせてもらっていた。贅沢この上なく、親に感謝も多い。
いわゆるちょっと変わっているけど、そこそこまともな、総合すると「普通」に落ち着く僕だった。

だた、そんな僕に唯一人には言えない秘密がある。
デビットミラーのあの絵に会ったあの時と同じ衝撃が再び起こった。しかも絶対に起こりえないことなのに。
それでも事実は事実として受け止めて、今後を見据えねばならない。
これは誰にもいうつもりもなく、言葉として残すつもりもないが、あの時僕が感じた感情の一つ一つは、尊く、かけがえのない、大切なものには変わりない。今でもその思いに陶酔に似た気持ちになることもある。

そう、まさに恋をしている僕がそこにはいた。こともあろうに、猫に恋する僕が。

学ぶから得られる権利

2015 - 06/01 [Mon] - 08:38

おはようございます。
さすらいの民はちこです。
月曜朝の頭にスッキリ剤を投入しようと
今日も読書にハゲんでます。

情報時代に最も重要な資産は質の高い情報だということを学びました(*´pq`)

哲学者エリック・ホファーは次のように言ってます。

「変化の時は学習するものが世界の後継者になる。一方で、すでに学習を終えている者は自分たちは充分準備ができているが、その力を発揮する世界がもはや存在しないことにきづく」

うむ( ・´ー・`)なるほどな。

世の中のことを学ぶことは社会人としての義務であり、義務を果たすから権利が手に入る。当然のことですね!

眠いけど、早起きして、いつもより3本くらい早い電車に乗り込んで読書して得た素敵情報でした(*´▽`*)ノ))♪♪

唯一の誤算は

今、これ通勤ラッシュの時間やったってことぐらいかな。

ミストゥックッッ(`・∀・)b!
今日も1日がんばるぞー!

ライフプランを考えてみる。

2015 - 05/31 [Sun] - 21:38

こんばんは(●´ω`●)
名古屋でカフェ放浪のたびに出ててるフェルトです。
今日は4人の素敵な人と出会いました。

一人目ネット販売頑張っている35歳の素敵ビジネスマン(●´ω`●)
投資もしているといっていたけど、何とも怪しい|д゚)…といったら笑ってました。大丈夫かな笑
自分も金融知識を学び始めたばかりだから一緒に学びましょうとそんな会話で終わりました。
自分のビジネスについて熱い人( *´艸`)

二人目( *´艸`)システムエンジニア
数学的考え方が抜群に光る人!

 | HOME |  »

プロフィール

フェルトンザック

Author:フェルトンザック
FC2プロフィールはこちらです。

現在『恋愛5題』に挑戦中です。
カテゴリー:M物語(仮)
配布元:変わっているお題配布所 

開設日 2006/7/22(*´∀`*)

カウントダウンv

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

リンク

QRコード

QRコード

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。